「イライラな毎日」と「ハッピーな毎日」選ぶなら…?

 

「ハッピーな毎日」と「イライラな毎日」  

どちらを選びますか? 

また、 

どちらを選んで毎日を過ごしていますか?

       

「えっ、選べるの?」と思われました? 

そうなんです、 

毎日のハッピーと、毎日のイライラは 

自分で選ぶことができるんです!

       

我が家は男の子が2人2歳差の兄弟 

とにかくお兄ちゃんが毎日、泣いてばかり。  

朝から晩まで、とにかく泣いていました。 


2階のベランダでお洗濯物を干しているだけで

1階のリビングから 

「おかあさん~、どこにいるの~」と 

叫び声。 

トイレに入っていれば 

「おかあさん~」と鳴き声。 

 


「もう!一人にさせてほしい!!」と

毎日のイライラは止まりませんでした。

       

そんな「おかあさんのイライラ」に

気づいた子どもが、また泣き出す… 

完全に悪循環に陥っていました。 

 

生活の視点が

「イライラすること」にフォーカスされていると

「イライラさせられること」はないか 

探しはじめてしまうんです。

 

脳って、面白い働きをしてくれます。

探すものを、見つけさせてくれます。 

だから毎日のイライラは止まらない!

       

じゃあ、頭を切り替えて

「ハッピーな気持ちになること」に 

フォーカスしてみたら…

      

お洗濯物を干す時間に 

子どもに気づかれなかったら10ポイント

(ゲームにしちゃうとか) 

トイレは開けっ放しにしちゃう、とか。

 

子どもが、安心している顔を見れた。 

一緒に笑った時間を持てた。

今日のお散歩、楽しかったね! 

おやつを一緒に食べようね。

ごはん、美味しかったね… 

 

なんでもいいんです。

 

とにかく「ハッピーポイント」を

探してみる。 

 

ここのところ、我が家では

子どもたちを学校に見送る際に

「今日も【楽しいこと3つ 

探してきてね!」といって 

送り出します。

       

発表は、夕飯を食べるときか

お布団に入ったときに 

お互いに発表。 

 

初めのころは 

「今日はなかった~」とか言っていたけど

最近は「今日はね~」と自分から

教えてくれるようになり、 

たくさん探せるようになってきました。

 

もちろん、わたし自身も発表しています! 

 

今日もまた、ハッピーポイントが

たくさん見つかりますように