子どもは親の鏡

 ギャ~ッ!!

と、相当の大声をあげてビックリしたことがありました。

 

小学1年生のわが子(男児)が 

自分で自分の髪の毛をハサミで 

ジョキジョギ切っていたのです。 

チョキチョキではなく、ジョギジョギ… 

それはそれは、驚くべき光景。

家の中の床には、大量の髪の毛。 

そして、すごいヘアスタイル…

  

そのわが子は、 

「なんでそんなに驚くの?」といった感じ。 

えええ??? 

そんなこと自分でやる~!? 

だめじゃん、危ないし 

と、怒ってみたところ

ふと気がつく。

 

 ああ、わたし 

子どもたちの前で、メイクアップするのと同じに

髪の毛切ってるわ…

  

わたしの母は、元美容師。 

母は自分の髪のカットもパーマも 

自分でやってしまいます。 

わたしも子どものころからカットは母頼み。 

最近は美容院に行きますが、半年くらいは余裕で開けちゃいます。 

今はショートヘアですが気になるときは、自分でチョキチョキ 

切っているのです。

 

 

そんな姿を子どもたちに 

しっかり見せていました。

 

 そりゃ自分で切っちゃうよね~ 

怒っちゃったけど 

私がいけなかった。

 

まさかそんなこと 

真似するとは思ってもみなかった! 

 

子どもは親の鏡。 

私も親がしていること、そのまま受け継いでいます。

 

 時には子どもがしていること言っていること、

 ダメなところ、良いところ

自分に振り返って

確認することも大切ですね。